雑記

Life of Quarantine pt.2(ネットとインテリア改良編)

別にこれまでもずっと一人で生きてきたし(それは誰の力も借りずに生きてきたという意味ではない)、自粛になったところでそれは大して変わらないはずだった。しかし、たとえば――まるで機械のように――毎朝いつものカフェでいつもの店員さんといつものやりとりをするとか、昼にラウンジで誰かとほぼ何も話していないのと同じレベルのどうでもいい話をするとか、そういうなくても変わらないはずの些細な日常でも、それらが失われるだけで意外と精神的にきたりする。やはり人生には冗長さが必要なのだ。

気が滅入ってきたので本山から池下までゆっくり一往復歩いたのだが、何店舗か見慣れた店がなくなっていてまた空虚に包まれた。あの辺には潰れて欲しくない店がたくさんあるものの、池下から覚王山までのエリアによくいるお洒落おじさんたち(口髭を生やしてニット帽をかぶり丸メガネをしてボーダーのTシャツとか着てる小綺麗なおじさんたち)が支えてくれると信じたい。

せめてもと帰りに覚王山LARDERでチーズバーガーをテイクアウトした。店内の鏡を見て気づいたことには、透き通るような金だった髪はいつの間にか色褪せて砂漠みたいな黄土色の小汚いプリンになっていた。覚王山のman of cultureたるお洒落おじさんたちとは対照的に、ゼミ生にヤンキーかと思ったと言われるのも納得の仕上がりである。

本山でこのマンションに住んでいるのは「ネット代がタダだから」という理由だったはずなのに、契約しているDoCanvasがあまりにも遅い(ネットなんかつながっていないのと等しいぐらい遅い)のでNURO光に申し込んでしまった。

遅すぎだよバカかよ

なんだこの速度は。15時でこの速度か。これは夜になるとさらに遅くなる。

昔はソニー嫌いだったのに、気付いたらテレビ、スピーカー、PS4、ネットと生活に少しずつSONYが侵食してきた。豊島区と港区でNURO光20Gsが始まるの羨ましいなあ。名古屋でもNURO光10Gsは始まってるんだけど、5階建までのマンションでしかやってないので諦めた。生まれて初めて低層マンションに住みたいと思った。千種区にも早く5Gきてくれないかなー。

そして俺はこのままだと #おうち時間 ヘの投資だとかほざいて50万ぐらい買い物をしてしまう気がする。ソファとダイニングテーブルがめちゃくちゃ欲しい。とりあえずFLYMEeで漁ってるんだけど、ACME Furniture(Journal Standard Furniture)のヴィンテージのソファに好みなのが多い。

CORONADO SOFA (ACME Furniture)
WINDAN FEATHER SOFA (ACME Furniture)

あとこういうサイズ変えられる正統派じゃない形のダイニングテーブルがほしい。

家具って話になると、最近流行りのサブスクリプションの家具レンタルサービスとかも検討することになる。名古屋で使えるものだと例えばsubsclifeとかになるんだけど、あらかじめ2年決め打ちで定価の少し安い額を分割で払い続けて、最終的に(定価の差額を払って買い取らないなら)返却するというシステムのメリットがイマイチよく分からない。いわゆるrent-to-own系のサブスクの良さは「途中でやめられる」そして「途中でやめるなら満額は払わなくてもいい」というところだと思うんだけど、これの場合には中途解約手数料で「プランの残りの金額をお支払いいただきます」とのことで、だとしたら定価で買い取ってから中古で買取に出した方がコストの回収になるんじゃないのかな。定価で買い取るなら元からローン組んだ方が良くない?そして3ヶ月だけ使うのに定価のほんの少し安い金額を3ヶ月分割で払ってそのあと返すやつなんかいたらそれはなんなの?めちゃくちゃ損じゃない?そういう意味で、購入(それも途中解約や別の商品との交換なんかも想定していないレベル)を前提としたサービスっていう感じがして、サブスクリプションのメリットが全く生かされていない気がするので良くわからないんですね。間違ったこと言ってたら謝るので誰か教えてくださいね。

Quarantine Lifeはもう少し続く。