生活

年越し into “the 2020”

年越し into “the 2020”

ここ数年大体誰かと遊んでて気づいたら年が変わっていたことばかりだったのだが、今年は誰も捕まらなかったので久々に一人で年を越した。みんな大人(笑)になっていくのだ。

俺にとって”最高”の年越しというのは、たとえば3日間レコーディングやり続けるっつって日本各地から馬鹿な音楽友達どもが東京に集まり、有り金を全部スタジオレンタルにつぎ込んだのにもかかわらず年越し直前で全部使い切っちゃって追い出され、仕方なく馬鹿みたいに寒い渋谷の道端でストロングゼロ的な酒(もはやアルコールならなんでもいい)を飲み始め、こんなに馬鹿なことしてんのに最後は意外としっとりした感じにまとまっちゃったねなんて笑ってたら、誰かが「あっもう年越してる!」って言い出すみたいな、そういうものなのだ(そのあとマクドナルドで朝を待ちながら音楽について語り明かしたり今録った曲のMVを作ったりするのだ)。こういうのが最高なのだよ。

ちなみにこれはつい2年前の実話であり、俺は皆さんが思うより(少なくとも授業の時に「えっあの人死にそうなんだけど」とかいう声が聞こえてくる割には)元気な人なんですね。私が元気なのは遊ぶ時だけなので皆さんは知らないと思いますが。

今年は名古屋に帰ってきたということもあり、名駅でひとりふらふらしながら年を越すことにした。本当はいい感じのバー(名駅ゲートタワーのGATEHOUSEとか、金山ANAクラウンプラザホテルのBAR STARGATEとか、ああいう店が好きなんですよ。馬鹿なので。)行って酒飲みながら読書でもしたかったのだが、大晦日に予約なしで席があるわけがない。あの店は静かだからいいのであって、騒がしい時に行っても全く嬉しくない。何より大晦日に思いつきで行動するのは無謀すぎる。

結局なぜかJRのコンコース2Fでぼーっと景色を眺めながら年を越した。マクドナルドのコーヒーをカイロ代わりにして。ただ、なんか思ってたより景色がよくなくて気持ちが全く盛り上がらなかった。

しかも年が変わった瞬間いつも通り12時でライトアップが終わってまあまあ暗くなったので笑ってしまった。

まー大府帰るかーと思ってJR向かったら途中で弊学の広告を見せつけられて、いや今ぐらいは仕事のこと思い出させてくれるなよって感じで(本当に申し訳ないんですけど)正直めちゃくちゃ嫌な気持ちになりました。研究は勝手にやってます。

仕事をッ 思い出させるなッ

大府に帰還

まあ帰還つっても2週間前にも普通に帰ってきてんすけど。

2020/01/01 AM1時
鞍流瀬川 江端大橋

誰かに会わねーかなと思ってたんだけどこんなとこで会うわけがねーわ。神社でも行けば別なんだろうけど。神社とかには自分からいけるほど興味がないのでダメだ。

2020/01/01 AM1時
田中くん(だったと思う)の家の近所(だったと思う)

ていうか、こう見ると大府って結構田舎なんだよね。大府のことは大好きだしふるさと納税もしてる(いつかAirWeaveを狙いたい)けど、基本的にアピタとスタバ周辺のエリアしか使わないので、冷静にみたときに他のエリアが思った以上に田舎でびっくりする。

ということで新年もいい感じにやっていきますので、ついてきてくださる皆さまがたにおかれましては今年も楽しくいきましょう。他の追随を許さないぐらい圧倒的なレベル感で遊びから何から何まで全部駆け抜けましょう。