ソフトウェア

CentOS7にteamviewer14が入らないときは

研究室のCentOS7、別にGUI環境は不要なんだけど時々SSHよりリモートでつないでちゃちゃっと触っちゃった方が早い時がある。のでGUI環境としてGnomeとTeamViewerを入れている。ただ手元のMacBookのTeamViewerのバージョンは14なのにCentOS側は12なので、接続するたびにさっさとアップデートしろという旨のアラートが出続けていた。

やっとアップデートする気になったのだけれど、普通に考えたら

yum upgrade teamviewer

で済むんだけど、

yum list|grep teamviewer

からyumのリポジトリで見るとTeamViewer 12の最新版が入っていることになっている。
仕方ないので最新版のパッケージを落として入れることにする。

yum install teamviewer_14.2.8352.x86_64.rpm

でインストールできるはずなんだけど、qt5-webkitが入らない。

error: Failed dependencies:
libQt5WebKit.so.5 >= 5.5 is needed by teamviewer-14.2.8352-0
libQt5WebKitWidgets.so.5 >= 5.5 is needed by teamviewer-14.2.8352-0
libQt5X11Extras.so.5 >= 5.5 is needed by teamviewer-14.2.8352-0

でどうも依存性が解決できない。仕方ないので自力で入れる。

yum install https://download-ib01.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/Packages/q/qt5-qtwebkit-5.9.1-1.el7.x86_64.rpm

入ったら改めて

yum install https://download.teamviewer.com/download/linux/teamviewer.x86_64.rpm

これで入る。