大学関係講義関係

マーケティング情報システム論の最終レポートを読んだ感想

名城大学経営学部でマーケティング情報システム論の講義が1周終わり,最終課題を読んだ.
もうね,かなしみだった.一貫してかなしみしかなかった.
まさかこんなに適当にやってくるとは.面白さを感じるレポートは100枚中5枚しかなかった.まあ全体の5%と考えると妥当な発生確率ではあるんだけど.後はうちのゼミ生のレポートがやっぱり面白かったぐらいかな.

まず,「製品サービスの概要」「使用していると思われるデータ」「AIの利点」の3つに分けて書けっつってんのに全然従わないじゃん.「それ以外に自分で書きたいことがあるなら必ずしもこの構成にする必要はない」とは言ったものの,ネット記事そのまま引っ張ってきたらそりゃそんなわかりやすい構成にはなってないわな.
漠然とした問いから自分で論点を見つけてほしかったんだけど想像以上にできていないので,来年は問いを細分化してこちら側でもっと明確に論点を指定する.課題としてわかりやすくなる分だけ要求は高くなる.

まず「製品サービスの概要」はお掃除ロボットと自動運転の話が多い.とにかく多い.特に自動運転なんかはAutono-MaaSあたりの中で概要から使用データ,AIの利点まで全部講義資料に載せたはずなのに,それを丸ごと無視してネットから引っ張ってきた利点を並べてくるのは本当にすごい.

使用データに関しては,例えば行動ログデータとしてID-POSデータとかスマホの位置情報,あるいは調査データとして…みたいなことを調べて欲しかったのだけれど.蓋を開けたら「ルンバでは部屋の中の様子をカメラで認識するので画像データを使っています」っていやまあ言いたいことはわかるんだけど,それちょっと違うんじゃないか.もちろんそれすらもそれらしく言いくるめることは可能なんだけど,その努力もされていないんじゃなあ.

AIに関して,「人工知能とは人間の脳の構造を模した〜」って言ってる人が大量にいるのだが,まず俺はAIに関してそんなことは一言も言っていない.「AIの中身は統計学であってそれ以上のことはできない」と言ったはず.

そしてIoT(アイオーティー, Internet of Things)のことをlotって書いてる人がめっちゃ多い.まあ確かにIoTの回は出席者かなり少なかったけどさ,じゃあなんでテーマにIoT選んだんだよ.せめてその回の講義資料ぐらいは読んでからレポートやってくれ.

AI活用の利点では「便利になって〜」みたいなことを書いている人があまりにも多い.確かに講義中に「誰もがAIを活用して豊かに自分らしく生きられる時代がやってくるのは素晴らしいこと」みたいな論調で話したものの,しかしAIの利点としてはちゃんと講義中に「省力化」「専門性の代替」「パーソナライゼーション」みたいなことを伝えた訳であって,「みんながお掃除から解放されます!」じゃなくその言葉をちゃんと使ってくれ.まあそもそも講義に出た人があまりにも少ないから聞いてないんだろうけど.
「帰宅途中にエアコンが勝手に温度を調整してくれるので便利だと思いました」いや,宣伝広告じゃないんだからさ.そして僕の方が詳しいんだからさ.何よりうちはAI搭載エアコンだしさ.
「これまでだったら家政婦かシェアリングでも使わないと無理だったサービスが製品ひとつで解決するようになった」は省力化や専門性の代替だし,「その人やその家庭に合わせたサービスが提供できる」は初回から散々言いつづけたパーソナライゼーションの話だしさ.
家事や子育ての負担からAIによる労働の省力化とかに繋げてくれればいい話だし,それさえ書いてくれれば満点だったのにねぇ.

参考文献については,これまじで思ったんだけど,わけのわかんない個人ブログの内容を引用してくるな.AI関連の某件に関して僕も知らない数字が出てきて驚いて調べたらこれだよ.
彼ら/彼女らのいうなんの根拠もない数字(それこそ引用元が明示されていない情報)を根拠ある言葉のように載せるな.っていうかまずもってネットの文章をそのまま載せるな.「調べる」っていうのは必要な情報を探し,知識を得て,それを自分で噛み砕いて,そして必要な形に変換してアウトプットすることであって,そのまま引っ張ってくるな.
っていうか,百歩譲って製品の概要のところはネットからそのまま引っ張ってきてもいいにしても,利点みたいな自分で考えるべきパートまでネットから引っ張ってくるな.

リスクとしての「仕事を奪う」「プライバシー問題」「AIの責任問題」だのもネットから調べて書いてくれてるが,それも全部講義資料にまとめてあるわけで,書きたいならそっちをまとめて文章化しつつ気に入らないところは自分の意見として批判してくれればそれでいいのにねえ.

みんなが自分のためになってくれるんなら単位なんか別に全員出してもいいと思ってたんだけど,このクオリティなら来年は出さない.絶対に出さない.今年だけは実験だったから出す.ただ,出すとは言ったけどいい点にするとは言ってないからね.
評点でいうと,ぴったり60点になってる人々は本当は落としたい人たち.それ以外の70点未満が最低ギリギリのライン.70点台が及第点,80点台は優秀,90点台がついてたら上位5%の内容.

来年はもうちょっとやり方を考えないとダメだなあ.