哲学

我々は本当にただの機械

昔はずっと「人間の温かみ」とか考えていたが、ここ1年ぐらいはあらゆる生き物が全部、見れば見るほど機械に見えるようになった。

事の発端は,生き物とは所詮は身体内外の環境条件(体内の状態と外部刺激)をトリガーに様々な関数が走るだけの存在なのではないかという疑問。虫なんかは本当に機械だし、最近は犬も割と機械だなと思ってしまう。それら自分以外の存在についてはあくまでその生態を外部的に観測しているにすぎないが、自分に関してとなると、これは内部状態まで情報が得られているのでなおさら機械だと思える。眠気にせよ食欲にせよ、特に内部状態に起因する“欲”の発生から解消までのプロセスが毎度毎度画一的すぎて、本当にただ単なる自己の存続のためだけに毎回同じ一連の機能が走っているだけなんだなと思ってしまうし、一度そう思ってしまうと今度は段々うんざりしてくる。

そもそも関数というのは一般的に「入力に応じて出力を返すこと」なわけだが,動物における入力とは内部の状態と外的な刺激であり,それらを引数として特定の反応を返すだけ,という意味で行動とは関数に過ぎないのではないかといっているのだ。自販機が提供する,「金額と商品選択という入力に応じて商品とお釣りが出力されるという複数の機能の一連」が関数であり,それを実装した「だけ」の自動販売機それ自体が機械であるのと関係は何も変わらない。空腹という状態,あるいは美味しそうな料理を提示される,それが入力であり,それにしたがって無意識的な反応,たとえば唾液が分泌されたり,が返ってくる。

空腹感で唾液が出るという反応,(かなり極端に言えば欲に従って行動すること)は人間らしさと表現されることが多いが,programmedな評価関数を満たすためだけにprogrammedな行動を行っていると考えると,これは関数を走らせているだけという点で極めて機械らしい振る舞いだ。つまるところ,人間らしさだろうと機械らしさだろうと実は「programmedな行動を馬鹿正直に実行する態度」と説明できてしまうような気がする。その根源的には同じである評価指標を,アナログ感とデジタル感,あるいは暖かさと冷たさ,のような二項対立に落とし込むことは果たして本当に可能だろうか。

友人の女性(具体的に誰に言われたのかは全く定かではないがとにかく友人の女性)は「対話を受け付けなくなり性欲だけで動くようになった男性はもはや動物みたいだ」と言っていたが、それはドッグフードをチラつかせられた犬となにも変わらない。人々が「動物的」とか「本能的」とか表現する振る舞い、それを「入力に従って複数の“機能”の一連をひとつにwrapした反応を返す/行動を起こすこと」つまりは“関数”、そして「条件に従ってその“関数”を走らせるだけの存在」をもって“機械”だと言っているのだ。そしてその瞬間の“彼”は、確実にただの機械だったのだ。

ただ、さっきから機械だとは言っているが、我々が思う本来の機械と根本的に違うのは、生き物は個体によって異質性(heterogeneity)がある事だ。機械は同じモデル(ここでいうモデルとは仕様のこと)であれば個体(モノとしてのそれ自体)が物理的に異なっていてもおおよそ同じ振る舞いをするが、人間の場合にはそもそも個体によってモデルが異なるので、個体間での関数の走る条件や走る内容は一致しない。このモデルの決定は、人によって遺伝子が異なるという生来的なものだけでなく、文化、教育、家庭といった後天的な生育環境によるところでもある。ただその個体差が,もしかすると「人間は機械よりも同一モデル内の個体の分散が大きい」というだけの説明で片付いてしまうような気もする.

ここまで書いて再確認したが、やはり私は哲学的な思考を情報学的な概念で再解釈するのがとにかく好きなんだろうと思う。このまま文理の狭間の沼でもがき続けて一生を終えそうな気がする。