前々からHTMLの直書きが面倒になっていたので、研究用ウェブサイトの更新にあたりWordpressに移行するとともに、心機一転AWSでのホスティングにした。さくらのレンタルサーバも最高にいいんだけどね。

1 EC2インスタンスの立ち上げ
まずはEC2でインスタンスを立ち上げないことには何も始まらない。

1.1 AWSマーケットプレイスからmanaged by bitnamiのインスタンスを起動
1.2 取り急ぎElastic IPを取得しインスタンスに紐づける
1.3 右下のbitnamiのロゴが鬱陶しいのでssh接続してdisable用のコマンドを叩く

sudo /opt/bitnami/apps/wordpress/bnconfig –disable_banner 1
sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart apache

2 ドメインの移行

次にお名前.comで取っているこのドメインjun-systems.infoをAWSのRoute 53で触れるよう、ネームサーバの変更から始める。
2.1 Route 53に新しい独自ドメインを登録しメール認証など済ませる
2.2 onamaeにアクセスし「ネームサーバの変更」から、Route 53の吐いたネームサーバを設定
2.3 jun-systems.infoに対してEC2のElastic IPをAレコードで設定

3 SSL化(できなかった…)

本当はこの後にサイトのSSL化をしたかったんだけど、Application Load Balancer(ALB)を使ったアクセスの振り分けがどうもうまくいかないのでとりあえず断念。どうもターゲットグループがうまく認識できていないようなので、いつかClassic Load Balancerで試してみようと思う。
この辺はさくらのレンタルサーバだと簡単にできたところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です