ソフトウェア

Google Drive FilestreamとiWorkの相性が悪い

今回の話はkeynoteに限らずiWork一般が該当すると思う。講義や講演のための資料は全てiWorkのkeynoteで作っているんだけど、研究室のiMacやら自宅のiMacやら出先のMacBookやら講義中のiPadやら、そこでただ開くだけじゃなく編集もするので、Dropboxでやっている場合ですらも頻繁に競合ファイルができてしまう。
んで、Google DriveでFilestreamが使える環境になったのでクラウドストレージをGoogle Driveに一本化するという試みをつい先日やったんだけど、これが本当にひどい状況になった。

ファイルのバージョン管理を独自に行っているのはDropboxだろうとGoogle Driveだろうと同じだと思うんだけど、なぜかGoogle Driveだと、あるデバイスで作業中に保存して、別のデバイスで編集を再開して云々といった後に保存しようとすると下のアラートが出る。


書類”*.key”があるボリュームは、バージョン履歴の保存には対応していません。この書類を閉じると、古いバージョンにはアクセスできなくなります。

このアラートはいまいちどっちを選べばいいのかよくわからずに困惑するし、結果どっちを選んでもなぜか古いほうのバージョンで上書きされているような気がする。上書きされちゃったらため息をつきながらGoogle Driveのweb版にアクセスし、当該ファイルのバージョン管理から古いものをダウンロードして上書きする。ダウンロードして置き換えるのが便利な場合もあるんだけど、Dropboxみたいに過去のバージョンからのrevertもできればいいのに。

おそらく「このボリュームは」って言ってることからもGoogle DriveというよりはDrive Filestreamの問題なんだろうと思う。というのも単なるGoogle Driveならホームディレクトリ以下に置かれるだけだけど、Filestreamの場合には下の画像のようにマウントされる形になる。もちろん実体としての中身は(ダウンロードされる限りは)Macintosh HD以下にあるわけだけど。

Filestream使わなきゃいいじゃんと思うかもしれないけど、これはまあまあ便利なので率直に言って手放したくはない。

ということでやはりiWorkのマルチデバイス間での編集にはiCloud + handsoffをちゃんと使わなきゃいけないなと再確認した。どうせ片方の保存忘れや閉じ忘れの状態で別のデバイスから開いたりするんだから、考えてみれば常時handsoffみたいなもんだ。Google Driveに一本化してiCloud Driveの追加容量の課金を止めようと思っていたけど止めなくて正解だった。当期の講義資料だけは変更可能性があるからiCloud Drive上にして、編集する必要のない過去のものだけGoogle Driveに移すような運用にすべきかもしれない。