ソフトウェア

MojaveでAdobe CCのエンタープライズ版のライセンスが通らない

Adobe Creative Cloudをこれまでは自腹で契約していたんですが、大学でエンタープライズ版(教育機関向けボリュームライセンス?)が使えるようだということが判明して早速解約しました。とりあえずフォトショ、イラレ、Premiere Pro、InDesign、Dreamweaverを体験版としてインストールし、アクティベーションすることを試みる。

結果から言うと通らなかったのだが、まあたぶんmojaveだからなんだろうと思う。しかし研究費で4月に買ったものなのでmojaveより前にダウングレードできない。ちなみに以下の作業は全てクリーンインストール直後の作業内容。

$ sudo ~/Desktop/AdobeSerialization 
Password:
sudo: ~/Desktop/AdobeSerialization: command not found

通らない。

$ file ~/Desktop/AdobeSerialization
~/Desktop/AdobeSerialization_original: Mach-O 64-bit executable x86_64
$ ls -l ~/Desktop/AdobeSerialization
-rw----rw-  1 j  staff  119568  4 20  2018 ~/Desktop/AdobeSerialization

ああなんだ実行権限がないだけか。

$ sudo chmod 777 ~/Desktop/AdobeSerialization
password:
$ ls -l ~/Desktop/AdobeSerialization
-rwxrwxrwx  1 j  staff  119568  4 20  2018 ~/Desktop/AdobeSerialization

実行する。

$ sudo ~/Desktop/AdobeSerialization
password:
2019-09-04 02:01:26.262 AdobeSerialization[1694:156057] *** Terminating app due to uncaught exception 'NSInvalidArgumentException', reason: 'launch path not accessible'
*** First throw call stack:
(
	0   CoreFoundation                      0x00007fff4d9202fd __exceptionPreprocess + 256
	1   libobjc.A.dylib                     0x00007fff77ff0a17 objc_exception_throw + 48
	2   CoreFoundation                      0x00007fff4d92012f +[NSException raise:format:] + 201
	3   Foundation                          0x00007fff4fb1332f -[NSConcreteTask launchWithDictionary:error:] + 1291
	4   AdobeSerialization                  0x000000010c64cbc6 start + 6166
	5   AdobeSerialization                  0x000000010c64b8db start + 1323
	6   AdobeSerialization                  0x000000010c64b3e4 start + 52
	7   ???                                 0x0000000000000001 0x0 + 1
)
libc++abi.dylib: terminating with uncaught exception of type NSException
Abort trap: 6

!?

失敗したらログを見ろと書いてあるので見る。
macOS:~/Library/Logs/
Windows:C:\Users\Username\AppData\Local\Temp

AdobeSerialization.log
が生成されている

$ cat ~/Library/Logs/AdobeSerialization.log
09/04/19 02:29:30:122 | [INFO] |  | CreativeCloudPackager | Utilities | AdobeSerialization |  |  | 65581 | 

09/04/19 02:29:30:122 | [INFO] |  | CreativeCloudPackager | Utilities | AdobeSerialization |  |  | 65581 | ##################################################
09/04/19 02:29:30:122 | [INFO] |  | CreativeCloudPackager | Utilities | AdobeSerialization |  |  | 65581 | Launching the AdobeSerialization in elevated mode ...

いやそこで終わってるんだけど。
ちなみにここにエラーでNo elevated privileges provided, AdobeSerialization must be launched with elevated privilegesって言われたら権限がないのでsudoで走らせればよい。

ターミナルに直接吐かれたログを見る限り’launch path not accessible’になっていて、mojaveにあげたときにHomebrewとかGit周りで同じようなエラーになってる人たちがごく少数だけ観測できている。mojaveになって何かしらのセキュリティでrootでもアクセスが通らないのかなと思い始める。(mojave以外のデバイスがないので現状確かめようがない)
とりあえずmacアプリ XCode9.4.1より特定のフォルダにアクセスできない問題の回避方法にあるように、Xcode 9.4.1 からサンドボックスで特定のフォルダにアクセスできないようなので、これがlaunch pathなるものに該当しているのかなーなどと思い一旦古いXcodeを使ってみることに。(今のバージョンはVersion 10.3)
試しにXcode 9.3でやってみる。Apple DevelopersからダウンロードしたXcode.appをXcode9.appにリネームして/Applicationsに移動し、Command Line Tools (macOS 10.13) for Xcode 9.3も入れる。そしてXcode > Preferences > LocationsからCommand Line Toolsを古いバージョンに指定。
→結果変わらず。

なんかもう試しにSIP(System Integrity Protection)も解除してみることに。
電源入れてCommand+Rでセーフモードで立ち上げてからターミナルで

$ csrutil status
System Integrity Protection status: enabled.
$ csrutil disable
Successfully disabled System Integrity Protection. Please restart the machine...
$ csrutil status
System Integrity Protection status: disabled.

んで再起動するも結果は変わらず。
ちなみにアクティビティモニタでAdobe関係のプロセスを落とした上でも変わらなかった。

ダメっぽいな。

後日談:結局通った。

本部からライセンス関連の一式を作り直してもらったら普通に通った。この努力はマジでなんだったんだ。どこでミスったんだろう。
まあ考えてみればActivationの実行権限がない時点でおかしかったのだが。